会社情報

企業理念

キラリと光る商品を多くの人へ ユニークな企業と呼ばれる存在を目指す

基本方針

  1. 1.『お客様にとって良いモノ』・『ノーブルにとって良いモノ』・『社会にとって良いモノ』この円の重なった部分に入る商品を出していく。
  2. 2.突出した魅力のある商品の継続的な開発
  3. 3.お客様にとってノーブルがなくてはならない存在として感じてもらえる強力な関係作り
  4. 4.徹底した効率化、ムダの排除によって卓越したオペレーションの確立
  5. 5.色々な働き方をする人が自分の力を出し切れる組織

メッセージ

ノーブルは創業以来、企業理念である「キラリと光る商品を多くの人へ、ユニークな企業と呼ばれる存在を目指す」の下、美容雑貨において多くの皆様方に支えられ、少しずつ前へ進みながら成長して参りました。

昨今、商品を手に取っていただくお客様のニーズがますます多様化する一方で、加速するIT化により得られる情報量が飛躍的に増し、商品購入の選択肢が広がってきているかと思います。その中で自社商品の差別化を進め、厳しさを増す競争環境下においてスピーディに「より良い価値を提供していく」事が我々の使命であると考えております。多くの皆様の心に響くユニークなアイディアを形(モノ)にする事は決して容易な事ではありません。それだけに、今まで培ってきた商品開発プロセス全てがノーブルの強みであり、ノーブルの原点はその「モノづくり」の中にあります。

それは、社員の持つ「とてつもない発想力」、「独自の着眼点を持つアンテナ」とそれらを生み出す「バイタリティー」です。ノーブルでのモノづくりは、商品企画原案から商品が世の中に出ていくまでをプロジェクトとして担当者が責任をもって進めていきます。1つの商品開発に時間を掛け、「ノーブルらしさ」を徹底的に追求した商品にはこだわりがあります。その「こだわり」こそが、また次の商品を生み出すパワーの源であり、開発チームのモチベーションであると考えます。

これからのノーブルは、

社員一人一人が自立したリーダーであり、プロフェッショナルな技能集団として
世界の市場の中で「ノーブル・ユニーク=‘らしさ’を追求したモノづくり」を推進し、
新たな可能性へ積極的に挑戦していく

これをスローガンとしていきます。

これからも「キラリと光る商品づくり」を通して、世界中の皆様の生活の中にちょっとした「驚き」と“グッ”と「感動」を与えられる企業として、皆様との心をつなぐ事ができる新たな価値創造に全力投球して参ります。

代表取締役
斉藤 昌司

代表者プロフィール

斉藤 昌司

神奈川県生まれ

学歴:工学部 機械工学科 卒業
米国 工学部 航空工学科 卒業